男鹿半島とは
「スポンサード リンク」














eXTReMe Tracker



男鹿半島 - 写真で見る

男鹿半島の地図

男鹿半島の地図を表示します。マーカーにマウスのカーソルを乗せると男鹿半島の観光地が吹き出しに表示されます。


男鹿半島とは


男鹿半島(おがはんとう)は、秋田県西部に位置する日本海に突き出た半島です。男鹿半島の中央部に寒風山があります。また、男鹿半島の南東部の海岸を中心に断崖が続いています。男鹿半島の付け根に八郎潟があります。もともとは離島であったが、米代川、雄物川から運搬される土砂により陸繋島となりました。

男鹿半島の先端部にある一ノ目潟、二ノ目潟、三ノ目潟は、いずれも日本では男鹿半島にのみ存在する爆裂火口(マール)湖です。また、戸賀湾(四ノ目潟とも)はそのような火口が海とつながった火口湾です。

古くから毎年大晦日に行われる「なまはげ」行事が有名な所として知られています。真山、本山、毛無山は男鹿三山と呼ばれ、古くから山岳信仰の霊場とされています。

男鹿温泉郷をはじめ、金崎、戸賀など海岸沿いを中心に温泉があります。北西端にある入道崎は海食崖の岬で、入道埼灯台があります。このほか、八望台といった景勝地もあり、男鹿国定公園に指定されるとともに、日本百景に選定されています。


参照:「男鹿半島


男鹿半島は秋田県では最も古くから開けた地域の一つで、縄文時代早期あたりからの遺物が発見されているのをはじめ、縄文・弥生時代の遺跡や遺物が多く出土している。

室町時代には津軽の十三湊を中心に勢力を誇った安東氏の支配下にあり、隆盛をきわめた。

その頃から天然の良港の船川港などを通じて交易を求めてくる人々が多く、各地からさまざまな文化が男鹿半島に持ち込まれた。

また、男鹿三山(本山、真山、毛無山)は古くから山岳信仰の霊場として名高く、各地から多くの人の出入りがあった。

そうした歴史の跡を、今も建物や、自然景観の中に訪ねてみよう。


出典:「男鹿ガイドブック」無明舎出版

男鹿国定公園


男鹿国定公園の広さは、面積8,156haであり、男鹿市の総面積のおよそ1/3に相当する。寒風山、男鹿三山に加えて奇岩奇勝が続く男鹿半島の海岸部を主な領域である。北緯40度線上に位置する入道崎から男鹿半島西端にかけての海岸は海食崖や海食洞が見られ、特に大桟橋(だいさんきょう)は日本海の荒波が作り出した奇勝である。また戸賀湾および一ノ目潟、二ノ目潟、三ノ目潟はマール地形であり、八望台からこれらの地形を見渡す事ができる。なお、「八望台」の名は高松宮宣仁親王の命名によるものである。

男鹿半島南端の海岸には、ゴジラ岩などの奇岩のほか、椿地区はヤブツバキの北限の自生地として、天然記念物に指定されている。また鵜ノ崎海岸は日本の渚百選に指定されている。

観光地としては男鹿温泉郷、男鹿水族館GAOなどがる。

男鹿半島の生い立ち


ある地域の大地の生い立ちを知るには、地層を構成している岩石や、地層のかさなっている順序、地層に含まれる化石などを調べる必要があります。長年にわたるそうした調査によって、男鹿の大地は主に陸上で行われた火山活動の後に、浅い海になったこと。さらに、その海が非常に深くなり、次に反転して浅くなったこと、そしてついには陸化したという、およそ7,000万年に及ぶ歴史を秘めていることが分かってきました。寒風山や目潟などは、陸になってから活動した火山です。また男鹿が現在のような半島になったのは、ごく最近(数千年前)のことです。


参照:男鹿半島ジオサイトマップ、男鹿市教育委員会生涯学習課

男鹿半島の地学


男鹿半島の面積は、224キロ平方メートルである。単純に計算すると東西南北それぞれ15キロメートルの広さになる。五万分の一の地形図1枚に入るぐらいの広さしかない地域でありながら、ここの地層には地球の歴史の謎を解く手掛かりが豊富に詰め込まれている。

日本列島誕生のドラマを一地域で見ることがのできる、日本でもまれな「地層の宝庫」なのである。

男鹿の地層は、砂、泥、火山灰、生物体、岩石などが層状に堆積している。その地層の重なりを調べることにより、陸地や海の出来たはるか古への歴史をしのぶことができる。

男鹿半島には6000万年前から現在まで、その歴史を教えてくれる地層が手でさわることのできる場所に露出している。

アジア大陸の一部だった時代から、日本海が形成される時代、さらに深い海の時代、浅い海の時代を経て、2万年前に海面の変動で陸地とつながり、現在の男鹿半島の形になる歴史を、地層の重なりが明瞭に示しているのである。

赤島層(6000万年前)、門前層(3000万年前)、台島層(2000万年前)から始まって現在の地層の八郎潟層まで、男鹿半島固有の地名のついた地層名は、地層の出来た年代を示す全国共通の地層名になって日本中に生きている。


出典:「男鹿ガイドブック」無明舎出版

男鹿半島・大潟ジオパーク


男鹿市は大潟村とともに2011年、「男鹿半島・大潟ジオパーク」として日本ジオパークに認定されました。ジオパークとは「大地の公園」という意味です。

青い海と緑の山々、男鹿半島の自然そのもがジオパークの魅力です。いつも見ているこの風景も、7,000万年以上の長い時間をかけて大地が変化する歴史のなかで形づくられてきました。

センターではジオパークの見どころ(ジオサイト)を実際の岩石や化石とともに説明しています。

すぐそばにある大地はどのようにできたのでしょうか。そして私たちはどう関わっているのでしょうか。ジオパークの大きな物語から考えてみましょう。

そしてここから男鹿半島・大潟の大地へと出かけてみてください。


出典:男鹿市ジオパーク学習センター、男鹿市教育委員会

男鹿半島 観光パンフレット


男鹿半島を案内する観光パンフレットは、観光案内所や宿泊先で入手できます。寒風山、南磯、西海岸、入道崎、八望台、真山や男鹿温泉郷の地域情報、行事、宿泊先、男鹿の食べ物や観光エリア・マップなど男鹿半島の観光情報が満載されています。


男鹿半島  観光パンフレット


男鹿半島 観光パンフレット

男鹿ガイドブック


男鹿ガイドブック


男鹿ガイドブック (無明舎出版)

男鹿半島 動画



・・・・・・・ 「男鹿半島とは(2)」に続く。

男鹿半島 サイトマップ 男鹿半島とは 観光案内所 寒風山
南磯 西海岸 入道崎 八望台 真山
男鹿温泉卿 なまはげ 鰰(ハタハタ) 男鹿半島の食べ物 男鹿半島の食事処
男鹿半島の魚屋 男鹿半島の釣り 男鹿半島・大潟ジオパーク 男鹿半島のお土産 男鹿半島の宿泊
その他
お奨めの旅行プラン
男鹿半島へのアクセス
サイト管理人 免責事項